お金をかけずにお洒落したい!リーズナブルにファッションを楽しむ

似合う服を選ぶ

先ほど述べたように自分に似合うファッションかどうかということが大切なのであって、流行に乗っているかどうかは大事なことではありません。
しかし、あまりにも古くさい流行おくれの服装も決して他の人にいい印象は与えないでしょう。
では、自分のファッションに満足した女性になるためにはどうしたらよいでしょうか。
自分に似合っているスタイルを取り入れ、それを自分の体型やライフスタイルに合うように融通をきかせることがポイントです。
体型の欠点を補うキーワードはバランスです。
全体的なバランスと色とスタイルで欠点を補い、見る人に錯覚を生じさせるのです。
全体的なバランスは特に大事です。
自分の体型の長所をよく見せ、短所は補うような服装をする必要があります。
例えば、全体的にぽっちゃりしていてお腹が出ている人はゆったりとした丈の長いトップスを着るとよいでしょう。
そうやってお腹をカバーするのです。
二の腕がぽっちゃりしている人は、ノースリーブを着ると逆効果です。
二の腕が隠れる袖丈のものを着るようにしましょう。
逆に上半身が痩せている人がゆったりとしたトップスを着ると、痩せすぎに見えてしまいます。
痩せている人は体に合ったものを着るようにしましょう。
このように服によって体型全体を平均的な線に持って行く努力をしているわけです。
一つの欠点に注意を集中するあまり、ほかの点がバランスを欠いてしまうということにならないようにする必要があります。
長所をより引き立てて見せる、あるいは短所をより目立たなくさせて見せるには何が必要かを見定め、それからその点を補うように服を合わせます。
服の色もとても大事な要素です。
色をうまく利用することによっても他の人の目をごまかすことができます。
顔色を引き立てる色もあれば、やつれたように見せる色もあります。
例えば顔の青白い人にはブルーやパープルなど寒色系の色は似合いません。
かえって顔色が悪く見えます。
ベビーピンクやスモークピンク、明るい緑や黄色などのパステルカラーが似合うでしょう。
肌の黒い人には逆に淡いパステルカラーの色は似合いません。
赤や鮮やかな緑、黄色、ピンクなど原色系の色が顔を引き立てます。
肌の色と服の色との組み合わせが良ければ、体型の欠点よりもむしろ色のほうが目を引くことになるでしょう。
最後にアクセサリーを付けて仕上げます。
アクセサリーはすっきりとしたものをつけます。
ごてごて飾るよりも控えめな方がよいのです。
以上の点に気を付ければ自分に似合うファッションがきっと見つかるでしょう。

お役立ち情報

Copyright (C)2017お金をかけずにお洒落したい!リーズナブルにファッションを楽しむ.All rights reserved.